GC550 PLUS : AVERMEDIA AVerMedia Live Gamer ゲームキャプチャーボックス 通販 DV482 EXTREME 4Kパススルー対応 2 14600円 GC550 PLUS : AVERMEDIA AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス] DV482 パソコン・周辺機器 PCパーツ ビデオキャプチャ ゲームキャプチャーボックス],[4Kパススルー対応,PLUS,PLUS,abiastate.gov.ng,GC550,DV482,AVERMEDIA,パソコン・周辺機器 , PCパーツ , ビデオキャプチャ,2,AVerMedia,14600円,GC550,EXTREME,:,/dump921179.html,Gamer,Live GC550 PLUS : AVERMEDIA AVerMedia Live Gamer ゲームキャプチャーボックス 通販 DV482 EXTREME 4Kパススルー対応 2 ゲームキャプチャーボックス],[4Kパススルー対応,PLUS,PLUS,abiastate.gov.ng,GC550,DV482,AVERMEDIA,パソコン・周辺機器 , PCパーツ , ビデオキャプチャ,2,AVerMedia,14600円,GC550,EXTREME,:,/dump921179.html,Gamer,Live 14600円 GC550 PLUS : AVERMEDIA AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス] DV482 パソコン・周辺機器 PCパーツ ビデオキャプチャ

GC550 PLUS : AVERMEDIA AVerMedia Live Gamer 出荷 ゲームキャプチャーボックス 通販 DV482 EXTREME 4Kパススルー対応 2

GC550 PLUS : AVERMEDIA AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス] DV482

14600円

GC550 PLUS : AVERMEDIA AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス] DV482









AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス] DV482

ブランドGC550 PLUS
モデルGC550 PLUS
商品説明DV482 日本正規代理店品 保証1年

4Kパススルー機能に対応●1080p/60fpsの高画質録画に対応

低遅延を実現するUSB 3.0インターフェースを採用

HDMI入出力端子を装備

直感的で使いやすいビデオ編集ソフトを付属

お好みのカバーデザインにカスタマイズ可能

家庭用ゲーム機やiOSデバイスなど様々なデバイスに対応

Windows 10対応、出力端子:HDMI 2.0×1(パススルー対応)

使用温度範囲(℃):0~40/使用湿度範囲:15~90%(結露なきこと)

付属品 ・HDMI ケーブル (1.5m)、 ・クイックガイド、 ・CyberLink PowerDirector 15 for AVerMedia ライセンスキーコードカード、 ・USB 3.1 Type-C to Type-A ケーブル (1m)、 ・ロックネジ

「Live Gamer Extreme 2(型番:GC550 PLUS)」 は、1080p/60fpsの滑らかな映像を超低遅延で録画が可能。さらに、4K/60fps映像のパススルー機能を装備し、PS4 Proなどの高解像度ゲームにも対応。他にもUSB 3.1 Type-C端子など、最新の技術を取り入れ正常進化を遂げた、新たなゲーミングキャプチャーのスタンダードモデル。 対応OS:Windows 1 ...

GC550 PLUS : AVERMEDIA AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス] DV482

最新ニュース

スポットライト

YOKOGAWA DX Expo

お客さまとYOKOGAWAをつなぐ仮想空間です。課題解決のヒントや新しい発見ができるよう、随時新鮮な情報を発信しています。

研究者と共に

YOKOGAWAのライフイノベーション事業は、コロナウイルス研究者と連携し、新薬やワクチンの早期開発に向けた研究支援を行っています。

センシング技術とその用途

センシング技術を応用して、より大きなイノベーションを生み出す方法と共に、今後の課題を展望します。


トップ